【経度と緯度】

について考えてみます。

試食品の募集で、熊本などの九州南部や北海道などの東北地方の玄米を買っている!そのような方が何人かいらっしゃいますが、味覚が合えば何の問題もありません。しかし人それぞれ多少の味覚の違いはあっても、体にどのようなものが合うのか?についてです。

数百年前の生活習慣病なるものがなかった時代、人はその地域で取れたものしか口には出来ませんでした。しかし最近では物流網の発達で遠くの地域の物まで食することが出来るようになりました。もちろん嗜好品として口にするのは良いのでしょうけども、主食であるお米だけは少しだけ見直した方が良さそうです。

南国の暖かい地域の人はその地域の食べ物が体に合っており、寒い地域の人はまたその地域の食べ物を食べる事が体に負荷をかけない食生活です。

そして3.11の原発以来、日本各地に放射能の焼却灰が拡散されています。この日本の人口の大部分を占める関東、中部、関西と同じ緯度(どの程度、南か北かの度合い)で、放射能の焼却灰がないのは中国地方の山口を除いた4県です。

そのためあ、の事故以来奇跡的に残っている安全な地域のお米として“奇跡の米”と命名しました。

またこの地域は過疎が進んだ地域として有名です。そのため地域の活性化と安全な田畑の保全を目的としてこのような活動を行っております。

尚、生産者の方は私のクライアントばかりで、信頼は出来る方ばかりです。是非とも試食品のお取り寄せ、そして10キロ単位でのご注文よろしくお願いいたします。

私、都橋はこの米の取引に関してはご紹介のみで、販売は生産者と購入者の取引になっております。そのため製品を一度ご試食して、ご納得頂いてからの同じ製品のご購入をお願いしております。これは生産者、購入者双方を守るためには必要なステップですので、気が引けるから売ってください!!という方も居られましたが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly